FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらに情報検索
カスタム検索
カテゴリ :スポンサー広告
タグ :

カニステル

カニステル
学名:Pouteria campechiana (HBK)
英名:canistel, egg fruit

 カニステルは不思議なフルーツです。中米原産のこのフルーツは英名エッグフルーツといわれるように、卵の黄身の様な感じのフルーツです。日本では普通、フルーツといえば、昔は水菓子といったようにみずみずしいものですが、このカニステルはみずみずしさが無く、むしろ粉質で甘いカボチャのようです。つまり甘い卵の黄身ですね。
カニステル

 真っ黄色で先がくちばしのように少しとがった実です。

カニステル

 水分はほとんど無く、卵の黄身のようです。

カニステル

 カニステルはアカテツ科のフルーツです。熱帯では高さ17mにも達する高木ですが、沖縄で見られる物は5m前後です。

 同じアカテツ科には、時々話題になるミラクルフルーツがあります。ミラクルフルーツはミラクリンという成分が含まれ、ミラクルフルーツを食べてから、レモンなどの酸っぱいものを食べると甘く感じるという不思議なフルーツです。
 また、サポジラもアカテツ科のフルーツです。サポジラの樹脂は煮詰めた後、酸で固め、乾燥させるとチクルと呼ばれるものになります。そのチクルはチューインガムの原料としてかつて使われていました。



スポンサーサイト

さらに情報検索
カスタム検索
カテゴリ :アカテツ科
タグ :

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)

ドラゴンフルーツ(ピタヤ)
学名:Hylocereus undatus (Haw.) Britt.
英名:pitaya, Honolulu-queen

 一般にドラゴンフルーツと呼ばれている三角サボテンに実るトロピカルフルーツです。
 外観は赤系、白系は非常に似ていますが、赤系はほぼ球形なのに対し、白系は少しラグビーボール形をしています。また、黄系は果皮が黄色ですが、果肉は白~薄黄色をしています。
 サボテンの一種ですが砂漠に生えているわけでなく、中央アメリカのジャングルの樹上に原種があるそうです。そのため、直ぐに気根を出し、支柱や他の植物、壁などに張り付きます。
 西洋人がベトナム周辺で栽培を始め、それが台湾に渡り、沖縄に伝わったという話です。

 ドラゴンフルーツは英語ではpitayaです。東洋では龍は縁起の良い幻獣ですが、西洋ではドラゴンはあまり印象がよくないらしく、原産地の呼び名を使っているそうです。ドラゴンフルーツは茎の部分を龍の胴、実を龍の頭に見立ててつけられたそうです。

ドラゴンフルーツ
赤系ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ
白系ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ
黄系ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツの木
ドラゴンフルーツの木

ドラゴンフルーツの花
ドラゴンフルーツの花



さらに情報検索
カスタム検索
カテゴリ :サボテン科
タグ :

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。